アメリカ人が教えてくれたチップの渡し方や払い方-クレジットカード•現金-

アメリカではレストランやホテルなどへ行くと
サービスをしてくれた人に対してお支払いする
チップ(サービス料)があります。
今回はアメリカ人ママに聞いたクレジットカードや
現金でのチップの渡し方や支払い方について
書きたいと思います!



スポンサーリンク

チップ


アメリカ チップをクレジットカード•現金で渡し方や払い方
ひかりはアメリカ旅行中です。
今回アメリカにきてチップの重要性を
感じました。
イギリスではサービス料として
お会計に含まれている場合が多いので
お金を支払って終わりです。



ですが、アメリカに旅行にきてみると、
チップはサービス料として
含まれていない事が分かりました。
ただし、イギリスとは違い
サービスがとってもよく感じます。



アメリカのチップのことなら、
アメリカ人ママに聞くのが一番!
と言う事で、
アメリカ人ママLexyに
チップはなぜ払うのか、
アメリカでのチップの払い方
渡し方をご紹介します。



ひかり
アメリカではなぜチップは支払うのかな?
チップを払わないとだめなの?


Lexy
アメリカの従業員達の労働賃金は
すっごく低く設定されているの。
チップやサービス料をもらわないと
生活できないのよ。
チップで生活しているって言っても過言ではないわね。


ひかり
日本ではチップを支払う習慣がないし、
賃金の中にサービスが含まれているのよ。
アメリカではサービス料が入っていないから
いくら払っていいのか分からない。
だいたいどのぐらい払えばいいの?


Lexy
ふつうのサービスをしてもらった場合
合計金額の15〜20%払うよ。
15〜20%の間だったらいいと思うよ。
でも、素晴らしサービスもしてもらった時
20%以上払う人もいるのよ。
アメリカでは15〜20%のチップは絶対、
それ以上のチップは心づかいって
思った方がいいわね。


ひかり
へ〜、もしサービスが悪い場合はどうしたらいいの?


Lexy
サービスが悪い場合は15%以下の
チップをあげる事で
暗黙の了解であなたのサービスは
まあまあだったわって事になるわね。


ひかり
チップ料でサービスの質が分かってしまうのね。


Lexy
ただし、気を付けなくちゃ行けないのは
15%以下のチップは本当にサービスが悪かった場合ね!
それは無礼に当ると思った方がいいわね。


ひかり
どうして?
15%以下でもチップだと思うのだけど
それも感謝の気持にはならないの?


Lexy
だいたいチップの相場が15〜20%って決まっているから
15%以下のチップしか支払わないってことは
あなたのサービスは最低
だったて事になるわよ。
だったら、あげない方がいいぐらい。


ひかり
15%以下のチップは本当にサービスが悪かった場合なのね。


ひかり
アメリカではチップは大切なのね。
15〜20%のチップは絶対ってことを
頭の中に入れておくわ。


Lexy
チップはサービスをしてもらった最後に
渡してね。
“Thank you!”を忘れないこと。


ひかり
アメリカはサービスの質が
とてもいいように思う。
みんなチップを意識してるのかな?


Lexy
そうだね、サービスはアメリカでは
大事なものなの。
意識している部分もあるし、
自然にサービスしている部分もあるのよ。
イギリスに比べたらサービスは
アメリカの方が絶対にいいわね。


ひかり
ホテルやレストランでどうやって支払っていいか
分からないのだけど、教えてくれる?


Lexy
もちろん、じゃあ最初はホテルからね!




ホテル


アメリカのチップ ホテル
ひかりはホテルで働いていた事があるので
今回は従業員側の気持になって書きますね。
これは経験なので鵜呑みにせずに、
あなたがいいと思う方法でチップをあげて下さい。



ホテルではお客様にとってお部屋づけは最後に
合計金額を支払うだけなのでスムーズに
お支払いができると思います。



しかし、従業員側はなるべく現金で
チップを頂くのを好みます。
(もちろん、そんな事を言う人はいませんよ。
でも、心の中ではそう思っています。)



なぜかと言うと、
給料明細の中にチップが含まれているので
課税されてします。
アメリカは州によって税が違います。
チップまでも課税されお給料から引かれてしまうのです。
スポンサーリンク

ホテルではベットメイキング、ルールサービス、
ベルマン、ドアマン、ベルボーイなど
サービスを提供してくれる人達が
沢山います。
でも、この人達みんなにチップを払わないと
いけないのか分かりませんよね。


答えはYES!です。
日本ではサービス料も労働賃金の中に
含まれていますし、
ホスピタリティー(おもてなし)が
できて当たり前にです。
でも、アメリカでは違います。



ベルマン、ドアマンやポーターが
荷物を運んでくれた時
荷物の1つにつき$1ぐらいに
思っていてもらっていいと思います。



タクシーを捕まえてくれた、
メッセージを届けてくれた、
何かサービスを受けた時に
$1ぐらいに思って下さい。



ベットメイキングは宿泊している人
1人につき$1と計算して下さい。
2人の場合は$2となります。
ただし、頼んでいない場合にきた時は
チップは置いていかなくても
いいでしょう。



ホテル内のレストラン、スパ、美容院の場合は
15〜20%と計算して下さい。
先ほども言ったように、
ホテル内でのサービスは部屋づけにすることができますが、
従業員達のチップまで課税されてしまうので
現金の方が喜ぶ従業員の方が多いと思います。



誰かからサービスをしてもらった場合は
そのサービスが終った後に
“Thank you”と言って
チップを渡します。



タクシー


アメリカ タクシーのチップの支払い方
タクシーの運転手の方は
現金のチップを好みます。
ホテルの従業員と同じで、
クレジットカードで支払うと
チップにも課税されてしまうのです。



なので、クレジットカードに
チップを含めて下さいと言うと、
壊れているから現金で請求してくる
場合も多くありません。



スーパーマーケット


アメリカのスーパーマーケットのチップ
スーパーで買い物をすると
レジには2人いて、
1人はお会計、
もう1人は荷物を袋につめてくれます。
お会計が終って、荷物を詰め終わると
車まで持って言いましょうか?っと
聞かれる場合はあります。



もし、お願いした場合はチップを用意する事を
忘れないで下さい。
だいたい、$1〜2です。
Thank you but I am fineとか
断る事もできます。
私は自分で荷物につめる事ができるので
断っています。



まとめ


ひかりも全然慣れませんでしたが、
頭で考えるより経験して慣れて行くのが
一番いいと思います。



それから、アメリカに旅行するときは
沢山の$1札を持って行くことを
おすすめします。



アメリカでは合計料金の15〜20%の
チップを支払うことが当たり前とされています。
なので、なるべく15〜20%になるように
ひかりも心がけていますよ!


インタビューに答えてくれた
アメリカ人ママLexy、
ありがとうございました!



アメリカのチップの渡し方や支払い方
最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!