英•エリザベス女王のお誕生日はなぜ年に2回お祝いされるの?

イギリスの君主であるエリザベス女王陛下には
誕生日が本当に産まれた日と
公式の日と2つあるのです。
今回はどうして2回お祝いされるのか
調べてみました!



スポンサーリンク

エリザベス2世女王陛下の本当の誕生日は?


エリザベス女王様の出生地はロンドン、
ヨーク公アルバート王子と
エリザベス女王の長女として
1926年4月21日に誕生しました。



もう1つの誕生日は?


エリザベス女王の誕生日
本当の誕生日とは別に
エリザベス女王は6月の始めに
公式の誕生日のためのパレード
が行なわれます。



これはロンドンの気候に合わせもので
6月の初めてになると天候もよく、
温かくなるからなんですね。



ロンドンの冬の天気は気難しく
予測不可能です。
4月の辺りはまだ暖かくなったり、
寒くなったりしています。



イギリスの君主が2回誕生日を行なうことに
なったのはジョージ2世のころから。
ジョージ2世の本当の誕生日は
11月なのですが、
誕生日のパレードをするには
恵まれない天候なのです。
寒いですし、暗い感じ。



それで春に行なわれる一番大きな
衛兵交代式(トルーピング•ザ•カラー)
Trooping the Colourと
合わせて誕生日を行なうことになったのが
始まりだそうです。



トルーピング•ザ•カラー Trooping the Colour


エリザベス女王の誕生日 Trooping the Colour
トルーピング•ザ•カラーが行なわれる日は
毎年変わりますが、
6月の土曜日になることが多いです。
スポンサーリンク

英国王室のご家族とメンバーが見守る中、
バッキンガムパレスから
ザ•モールを通ってホースガードパレードに
移動します。






何年もの間女王陛下は実際に馬に乗って
登場していましたが、
現在は馬車に乗って登場します。
式典中は、挨拶を含んで
バッキンガムパレスで
公の場に姿を現すかもしれません。



公式サイト(英語):トルーピング•ザ•カラー



ガン•サルート Gun salute


お祝い事の時に大砲が発砲される儀式ですが、
公式のエリザベス女王の誕生日の時にも
発砲されます。


ハイドバークかグリーンパーク、
タワーオブロンドンで
発砲されます。
基本的には21回の発砲なのですが、
ハイドパークはロイヤルパークなので
20回プラスされるようです。



もっと詳しく知りたい方は
こちらをご覧下さいね!
ガンサルート?ロンドン観光にきたら英国王室のイベントへ!


2017年の予定はこちら!
ロンドン2017年ガン•サルートの予定



エリザベス女王の戴冠式はいつ


エリザベス2世の戴冠式が行なわれたのが
1953年6月2日で、女王陛下が27歳の時に
なります。
ウェストミンスター寺院で行なわれた
エリザベス2世の戴冠式が
テレビ中継で放送されました。
現在、世界で一番長く在位している君主と
なっているのがエリザベス2世なんです。



まとめ


2回誕生日が行なわれるのは
ロンドンの気候が関係していました。
ロンドンが過ごしやすいのは
6月〜8月ぐらいまでと短いです。
その他は暖かかったり
寒かったりとあまり天気には恵まれません。



本当の誕生日と
公式のお祝いの誕生日と2つに別れますが、
盛大に行なわれて一般の方が
見られるのは6月です。
ひかりも見学してみようかな!





最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!