ジョージ王子が9月から通うロンドン私立小学校は?

キャサリン妃とウィリアム王子の長男である
ジョージ王子が2017年9月から
学校に通うようになると
ケンジントン宮殿が発表しました。
どちらの学校に通うのか調べて見ました!



スポンサーリンク

イギリス皇族-伝統の学校


ロンドンの私立の小学校
日本の皇族の方が通われる学校として
学習院がありますが、
イギリス王室にも伝統の学校があります。



チャールズ皇太子とお父様である
フィリップエジンバラ公が通われていた
学校を書いていきますね。



イギリスのハンプシャーにある学校は
チャーム•スクール
公式サイト(英語)⇒Cheam School



スコットランドにある寄宿舎学校
ゴードンストウン
公式サイト(英語)⇒Gordonstoun



そして、ウィリアム王子とハリー王子が
通っていたロンドンあるウェザビー•スクール
公式サイト(英語)⇒Wetherby School Notting Hill




ですが•••
キャサリン妃とウィリアム王子が
決めた学校は



トーマス•バタシー
⇒公式サイト(英語)Thomas’s Battersea
になります。



ロンドンでも有名な私立の学校で、
学校の理念として
「楽しさ、優しさ、礼儀、自信、謙虚さの
学習に基づいた指導」の
元に学ぶことができます。



こちらの学校は家族経営の私立の学校で
現在ケンジントンとバタシー、クラパム、
フーラムに小学校があります。
その他に2つの日本では幼稚園に当る
アーリーイヤー(レセプッション)が
バタシーとピムリコにあります。
スポンサーリンク

ジョージ王子は2017年の時点で4歳なので
イギリスの学校ではレセプッションと言われる
小学校の前に通う学校になるんです。



レセプッションは小学校へ入学する
準備期間でもあるので
バタシーにある学校を
お選びになったのだと思われます。



学校によって違いますが、
本を読み始めたり、アルファベットを
習い始めたりします。



共学で4〜13歳までの生徒を教えています。
だいたい、1学期6110ポンド(※約85万円)
の学費が課せられます。
(※1ポンド=140円)



ウィリアム王子は働いていた
救急ヘリコプターのパイロットを辞めて
王室メンバーの公務を増やすことにしたと
発表しました。



キャサリン妃とウィリアム王子のご家族は
ロンドンのケンジントン宮殿に引っ越して
います。



ジョージ王子が通う事になる
トーマス•バタシー校はケンジントン宮殿から
車で約30分にある場所に位置していますので
車での登校になると思います。



イギリス•ロンドンの小学校の学期は?何歳から義務教育?



まとめ


トーマス•バタシーは
家族経営の学校で
とてもフレンドリーであると言われています。



ロンドンの私立学校は沢山あり、
各学校で校風が全然ちがいます。
ひかりも学校選びをした時は
自分の理念と学校の理念が
一致しているかで選びました。



トーマスバタシーは
「親切であれ」を最も強調している
学校であるので
ジョージ王子が優しい子になるようにと
願われているのでしょうね。



ジョージ王子の学校生活が
楽しめるように
陰ながらお祈りしています!



最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!