花粉症は腸内フローラのバランスが良くなれば防げる!?薬に頼らず食事で改善!

[ad#co-1]

花粉症の季節になると
鼻がムズムズしてくしゃみが多くなり、
常に目がかゆくなりませんか?
目は一度かいてしまうと痛くなるので
本当に辛いものですよね。





春が待ち遠しいと思いきや、
花粉症になることを考えると
落ち込んでしまいます。





以前腸内フローラの記事を
書かせて頂いた時に自身色々学ぶことが多く
花粉症と腸内フローラの関係も分かりました。





今回は花粉症だけに絞っていますが、
花粉症が改善すれば腸内フローラの菌が
整っているということなので
同時に他の面の改善もみられるかもしれませんね。





腸内フローラとは






アレルギーは悪玉菌が多いとなってしまう。

悪玉菌がふえやすい食事の代表として
高脂肪食品繊維不足があげられます。
高脂肪の食品は悪玉菌を増やすので
発がん性物質の量が腸内に多くなってしまいます。





食物繊維が少ないと排便の回数が減り、
善玉菌を減らしてしまうそうです。





肉食中心の食生活になっている人は
悪玉菌を増やしている可能性があるので
魚中心の食生活に変えてみるなど改善が必要です。






腸内フローラとアレルギーは
密接な関係があるといえます。





この腸内フローラの分析結果は
2歳児を対象にして行ったものです。
食物アレルギーを持つ2歳児→乳酸菌が乏しいが、悪玉菌である好気性菌が多い。
食物アレルギーを持たない2歳児→乳酸菌がある






この様な分析結果が出たということは
花粉症アレルギーを持っている方達にも同じことが
腸内で起こっているということなのです。
スポンサーリンク

花粉症の季節になる1ヶ月前から

ヨーグルトは動物性乳酸菌を含む食品の代表。
善玉菌を多く含む代表的な食べ物です。
1ヶ月前から1日200g以上のヨーグルトを食べると
花粉症が改善されると聞いたこともあります。





しかし
ヨーグルトが食べられない人や
ヨーグルトの菌が合わない人もいます。
特に日本人の腸はヨーグルトの菌が
合わないのだそうです。





日本人の腸は日本の発酵食品を
食べることをオススメしています。
これらが植物性乳酸菌
して腸内を整えてくれますよ。





納豆、醤油、味噌、ぬか漬け、塩こうじ、

イカの塩辛、構造酢、甘酒、キムチ(韓国ですが、、、)

結構調べると沢山あります。





ヨーグルト





オリゴ糖は善玉菌の栄養源になってくれるため、
アスパラガス、タマネギ、ジャガイモ、
ごぼう、キャベツを積極的に取るといいですね。






食物繊維
悪玉菌の増殖を抑制する効果があるので、
善玉菌が過ごしやすい腸内環境を作ってくれます。
野菜類ではごぼう、菜の花、たけのこ、豆類、
芋類、キノコ類を多く取るといいそうです。





【竹炭+3つの善玉パワー!!】





まとめ

花粉症は毎年悩みの種だったので
以前腸内フローラの記事を書いた時にふと
食事改善すればいいのではないかと
思ったのがキッカケです。





今まで、全然食べていなかった食品も含まれていて
多く食べて行こうと意識しました。
これから花粉症の季節に備えて薬で抑えるのではなく
私は食事改善で様子を見てみとうと思います。






花粉症に強い体になるぞ!





この記事はどうでしたか?





読んで頂きありがとうございました!

[ad#co-1]

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!