福士蒼汰、英語とイタリア語で映画祭あいさつ!勉強法は?

福士蒼汰さんが英語とイタリア語で
あいさつをしYouTubeで話題になっています。
映画「神様のいうとおり」で初ヨーロッパを体験した福士さん。
初めてのレッドカーペット、
イタリアそして国際映画際だったとか。

では、彼のプロフィールと勉強法をまとめてみました!


スポンサーリンク

福士蒼汰プロフィール





http://www.oricon.co.jp/news/photo/2026453/1/引用

http://www.oricon.co.jp/news/photo/2026453/1/引用



生年月日1993年5月30日
出生地 東京
身長 183㎝
血液型 O型
職業 俳優
特技 バク転、英語(英語検定2級)


英語を好きになったキッカケ



福士さんは一度も留学経験がない、
しかも英会話教室にも
通ったことがないといいます。
ここまで英語が出来たのには
英語に対する想いだと私は思いました。



中学の先生にほめられて
英語を好きになったのがキッカケだとか。
やらなければいけないと思うと
何をしても三日坊主で終ってしまうのでまず、
好きな教科を勉強していくうえで大切な動機ですね。
スポンサーリンク

英語勉強方法

福士さんの英語は独自そして独学方法があるだとか。
感情を表す形容詞を感情込めて話す事で
その言葉の意味を理解できるといいます。



例えば「I am happy」 と
「I am sad」は対照的な言葉。
この言葉を感情込めてはなさないと、
本当に幸せなのか、
悲しいのかが分からない。



言葉に意味を込めることでことばは人に伝わります。
ローマ国際映画祭で福士さんは笑顔で嬉しいと表現していました。
そして、正々堂々スピーチをしている辺りは
彼の性格が現れていて素敵な俳優さんだと感じました。



単語もかなり勉強したようですね。
電車通学だったことから行きに単語200語目を通して、
帰りの電車では単語は念仏のように唱えていたようです。
自分では英語は 日常会話程度と
イタリア語は勉強してあいさつを練習したと言っていました。



中谷美紀は英語、フランス語、イタリア語も話せる!?アジア•フィルム•アワードでは英語でスピーチ!



まとめ



言葉はその人を表すとても大切な
コミュニケーション方法だと私は思っています。



福士さんの勉強法は英語だけではなく、
他の外国語を話す時にも生かされる
素晴らしい方法だと私は思います。



それに、彼の英語とイタリア語の発音もとってもいいですね。
福士さんの形容詞に思いを込めて話す方法は
英会話でとっても生かされると思いますので
英語を話して海外で友達を作りたいと
思っている人にはおススメな勉強法です。



日本の方は表現力が乏しいと言われていますよね。
留学したらからといって
英語が話せるようになるわけではありません。
その人の人間性や性格も他の国へ行けば関係してきます。



これからも福士さんのご活躍に注目です。
国際派俳優になるのも夢ではないとおもいます!

読んで頂きありがとございました!

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!