イギリス•ヨーク国立鉄道博物館を見学!鉄道ファンやマニア必須

ヨークに観光に行ったので
英国国立鉄道博物館に
行って来た感想を綴っていきたいと思います!



スポンサーリンク

イギリス国立鉄道博物館


イギリス•ヨーク国立鉄道博物館
いや~、初めて国立鉄道博物館に
行って来ましたが、
結論から申し上げますと
”素晴らしい”の一言です。



しかも、この内容で
入場料が無料ってなんて寛容な博物館と
思ってしまいました。
もちろん、寄付は1人5ポンドでお願いします。と
書かれてありますが、
これはご自由に決めてもらっていいと思います。



博物館からはヨーク駅からすぐなので
すっごく便利です。
博物館内からヨーク駅を行き来する
電車までみることができます。



ひかり達は車で行ったので
博物館の目の前にある1日9ポンドの
駐車場を使わせてもらいました。
では、博物館の中を紹介しながら
印象に残った場所をご紹介します。



入館


後で知ったとことですが、
入館口は2つあります。
それによって見学の順番が
違っていきますので
今回はひかり達が見学した順に
紹介していきますね。



入館料は無料です。
小人のためにアクティビティーの本が
1冊5ポンドで売られています。
パンフレットも1冊5ポンドです。
買っても買わなくてもこれらは自由です。


グレート•ホール


イギリス•ヨーク国立鉄道博物館
入館するとすぐに見られるのが
グレートホールです。
5歳以下のお子様の為に
電車ごっこをして遊べるスペースが
設けてありました。
これは小さなお子様がいる方には
いいですね。



ここにはきかんしゃトーマスを思わせる
等身大のSLや電車達がたくさん
展示されています。
その大きさにはビックリです。
車輪が大きく、
人間ほどの高さぐらいありました。



イギリス•ヨーク国立鉄道博物館


ひかりが目を奪われたのは新幹線0系。
2001年にJR西日本から寄付されたもの
らしいけど、どうやって持って来たんだろう?



車内に入るとビデオが流れていて、
新幹線0系が走っていた頃の
昔の日本が映し出されていました。



ひかりが小さい頃は自動改札機
なんてなかったから
何枚か切符が展示してあり
懐かしく思いました。
駅弁やパンフレットも展示してあって
素晴らしかったです。



イギリス•ヨーク国立鉄道博物館


その横はユーロスター展示。
イギリスとフランスを結ぶ海峡トンネルを
通って走っている高速鉄道です。
フランスとイギリス、ベルギーを結ぶ
国際列車ユーロスターのおかげで
どれだけの人が助かっているか。
心がじ~んとしました。
スポンサーリンク

ひかりが知らない電車が展示されていました。
救急電車です。
第一次世界大戦に負傷したり病気になった
軍隊たちを運ぶ車両です。
電車の中にはベットや
薬なども置いてあり動く病院です。
医者や看護婦達は少数で
過酷な労働力を強いられたことなど
詳細が書かれてありました。



グレート•ホールには
カフェと小さなお土産屋が
あり、
休憩するのによいと思います。



ザ•ワークス


イギリス•ヨーク国立鉄道博物館

倉庫の中で見つけた京都鉄道博物館との姉妹提携の旗



こちらは倉庫で、電車に関係のあるものが
山積みされていました。
こちらも興味深いものが沢山
置いてありましたよ。



ここから、ヨーク駅を眺めることができます。
エレベーターで2階に上がると
駅や線路を一望することができます。



アフタヌーンティー


お昼に合わせてアフタヌーンティーを
予約していたました。
詳しいCountess of Yorkについては
こちらに綴りましたのでご覧下さい!


王室電車•ロイヤルとレイン


王室専用客車 ロイヤル•トレイン
アフタヌーンティーを食べ終わった後は
常設展示場へ移り
王室専用の客車を見てまわりました。
ジョージ5世から使われていた
王室の車両があり、
車両の中をのそいてみると
内装が豪華にかざられていました。
王室にふさわしい贅沢なな内装で、
お風呂までついているものまで!



こちらの展示場にはレストランとお土産屋が
ついています。
グレート•ホールよりも大きなお土産屋です。



《イギリス国立鉄道博物館》
住所:National Railway Museum Leeman Road York
最寄り駅:York駅
連絡先:0844 815 3139
営業時間:月〜日10:00〜18:00
イースターやクリスマスは休館になる場合や
営業時間が変更する場合があります。
公式サイト:イギリス鉄道博物館



゜:*★イギリスのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°



まとめ


列車の数には圧倒され、
その内容にも満足しました。
イギリスでは一番大きな鉄道博物館で
世界でも大きいのではないかと思います。
日本のさいたま市にある鉄道博物館と
京都鉄道博物館とは
姉妹館として提携されています。



中にはカフェやレストラン、
アフタヌーンティーまで頂ける
場所があるので
1日中過ごせる場所だと思います。
中心街にも歩いていける場所です!



最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!