映画メッセージ•Arrivalをロンドン映画祭で見た感想とネタバレ!

映画•メッセージ、英語のタイトルですと
『Arrival』をロンドンの映画祭で観に行ってきました。
その時の私の率直な感想とあらすじを紹介したいと思います!



スポンサーリンク

ロンドン映画祭


メッセージ•Arrival
2016年ロンドン映画祭は10月5日~16日まで行なわれました。
私が観に行ったのは10月10日(月)夜。
エイミー•アダムスとジェレミー•レナーが共演しているSF映画。
どうやら、この映画は宇宙人が登場して、
主演のエイミーちゃんが宇宙人のメッセージを解読するらしい。



エイミーちゃんはどうやら言語学者らしい。
っと言う所までは知っていたももの、
その他は何も調べずに
ロンドン映画祭へ直行しました。



君の名はアメリカ人達の感想!新海誠監督をロンドンで激写!



エイミー•アダムスとジェレミー•レナー レスタースクエアーの前には真っ赤なカーペットが敷かれていて
到着すると、白いドレスに身を包んだエイミーちゃんが
報道陣に囲まれてインタヴューを受けていました。
写真を取ったのですが、失敗。



映画が始まる前にエイミーちゃんとレナーさエイミー•アダムスとジェレミー•レナーんが2人そろって舞台へ登場。










感想


どうしてこの映画を観たかったと言うと、
他の星に生命体は存在すると私は思っているからです。
他の生命体とコンタクトがあったときに
どのように理解し合うのか興味がありました。



地球上の人間同士でも文化、性別、国や人種が違うだけでも
困難な場合がありますよね。
理解しようと努力すればどんな生命体ともコミュニケーションを
取れるのではないかと思いました。



自分は子供がいるのですが、どうして泣いているのか
どうして怒っているのか分からない時があります。
子供の事を理解しようとしないで頭ごなしに怒ったりしたことも
ありました。



しかし、実は泣いたり怒ったりする理由って絶対あるんですよね。
単に疲れていたとか、学校でこんなことがあった、あんなことがあったとか。
私が理解しようとしないで、
子供の心を無視してしまったことが悪かったなって
この映画を観て思いました。



全然関係ないかもしれませんが、
コミュニケーションは大切だなって思ったのです。
考えさせられる映画でした。



そして、もう1つあなたが未来を観る事ができる力があるとしたら、
それでも同じ方向へ進みますか?
それとも、違う道へ進みますか?
私だったらどうするか、答えがでません。



映画が終ったあとは色々考えさせられました。
人によって捉え方が違うと思うのですが、
映画•メッセージの本当に伝えたかった意味はなんだろうとか。
もう1度観てみたいと思った映画です。
観に行きます!
スポンサーリンク

あらすじ•ネタバレしていきますので
物語を知りたくない方はここでストップして下さい。



あらすじ•ネタバレ


映画の序章はルイーズにはハナと言う女の子がいて
大きくなったハナはガンになり亡くなるシーンから始まります。
そして、ルイーズ•バンクス博士(エイミー•アダムス)は
言語学者として大学で教授をしています。



ある日、大きな12の物体(U.F.O)が地球上のあちらこちらに現れます。
アメリカ政府によって調査をいらされたルイーズは
ある1つのU.F.Oの中へ入って、
生命体がなぜこの地球にやってきたのか知る為に通訳とすることになります。
物理学者のイアン•ドネリー(ジェレミー•レナー)とは
ここで一緒に働く事に。



U.F.Oはなぜ来たのか?
どこから来たのか?
地球へ来た目的は?
しかし、ルイーズが生命体に会って分かった事は
コミュニケーションの方法が全く人間と違うことでした。



生命体は7本の足か手のようなものから
インクを出して円のシンボルを描くようにして理解し合うようです。
ルイーズがシンボルを解読して通訳を続けます。



ルイーズは言語を通訳することによって未来を見るようになってきます。
私達の世界ではタイムラインは一直線であり現在が中心となり
過去と未来があります。
生命体の言語を理解する事によって得た特別な能力は
タイムトラベルです。
現在、過去、未来が輪の様に同時に見れると言う事です。



あるシンボルを翻訳すると
「武器を与える」でした。
地球側はパニック状態に陥り、
宣戦布告ととらえ飛行船の爆破を実行する所まで準備が進められて行きます。



ルイーズは1つのシンボルには2つの意味があると説き、
武器と道具が同じシンボルとして使われている主張します。
ルイーズは特別な能力を使い世界を戦争から守ることになるのです。



実はハナは現時点では実在しない子供で、
ルイーズが未来をフラッシュバックしているイメージだったのです。
ハナの父親は物理学者のイアン•ドネリー(ジェレミー•レナー)です。
途中映画の中でハナの父親は科学者だと言っています。



まとめ


映画の意味を理解するのに
時間がかかりました。
とっても意味深い映画です。



映画メッセージの原作です。
1回映画で見て分からなかった場合に
読むといいかもしれません。

あなたの人生の物語 [ テッド・チャン ]



映画メッセージ•Arrivalの感想とネタバレ
読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!