新観光名所ビック•ベンの兄弟リトル•ベンの最寄り駅は?塔の不思議3つ!

見つけちゃいました、
ビック•ベンの事は知っていましたが、
まさかリトル•ベンが本当にあるなんて。
最寄り駅もバッチリ調べました。
まだ、知らない人多いかと思いますので
先取りしてあなたに教えちゃいます!



ロンドン•ビックベンの観光で最低押さえておきたい8つのポイント!

ビックベンの最寄り駅は?近場のホテル5選!



スポンサーリンク

リトル•ベンの最寄り駅は?


ビクトリア駅
最寄り駅は Victoria 駅にあります。
地下鉄ですと、Victoria line と
Circle and Distric lineが
走っているとっても大きな駅です。



名前の通り、ビクトリア女王の名前にちなんで
付けられた駅名です。
プラットフォームにも
ビクトリア女王の影絵があります。



ビクトリアの駅の辺りは開発中で工事が多いです。
ビクトリアの駅を降りて迷わなければ2分ほどで
リトル•ベンに行く事ができますよ。



Victoria street方面に進んで下さい、
それかWay out (出口)は2aです。



ビクトリア駅出口


リトル•ベン
住所:2 Wilton Rd, London SW1V 1AN



Victoria street とVauxhall bridge roadの
間にあります。



不思議①なぜリトル•ベンがつくられたのか?


リトルベン
この時計塔はクロイドンにある時計会社
ジレット•アンド•ジョンストンによって
エリザベス•タワーを
まねるようにして作れました。



1892年頃この系の記念時計がとっても流行っていたしいです。
当時は腕時計なんてなかったので時計塔をつくって
人に時間を教えてあげていたのですね。
(当時イギリスはサマータイムを導入していませんでした。)



不思議②リトル•ベンなぜみんな知らないの?


実はリトル•ベン、あまり観光客に知られていません。
なぜでしょうね?



1892年頃につくられたリトル•ベンでありましたが、
1964年頃はビクトリア駅の近くを道路を広げたり、
駅周辺を開発のため取り去られてしまいます。



そのため、1981年フランスのオイル会社elfが
イギリスとフランスの友好関係の為に
寄付によって設置しなおされました。
スポンサーリンク

しかし、2012年2月28日にまた工事の為に
取り去られてしまいます。
そして、やっと2016年2月28日
今設置されている場所に戻って来たのですね。



リトル•ベンは観光客の方は知らないのは
取り去られてしまっていたからなんです。
これからお兄さんである
ビック•ベンと一緒になって
頑張って欲しいです。




下の写真にLittle Benとしっかり書かれてあります。

リトルベン


不思議③なぜサマータイムを導入


この時計なぜかサマータイムを導入。
なぜ1時間早い状態になっているのでしょうか?
それはフランスとの友好に関係しているからだと
思われます。



先ほども書いたようにフランスのオイル会社eifの寄付によって
リトル•ベンは戻るができました。
フランスとイギリスは1時間の時差があります。
フランスはイギリスよりは1時間早いです。
時計の下に書かれているこのメッセージ。



LILLTE BEN’S APOLOGY FOR SUMMER TIME.

My hands you may retard or may advance
my heart beats true for England as for France.

リトル•ベンのサマータイムについての謝罪

時計の針は時間が遅れている時もあれば、
進んでいる時もある。
私の秒針はイギリスとフランスにとって真実を示している。




まったく意味が分かりません。。。
直訳してみましたが、
間違っていたらごめんなさい。
全く意味が分からないので
調べて訳してみました。



まずLILLTE BEN’APOLOGY FOR SUMMER TIMEの部分です。
リトル•ベンのサマータイムについての謝罪



My hands you may retard or may advanceの部分です。
My handsは時計の針を指していると思います。
たぶん分針と時針のことでしょう。
時計の針は時間が遅れている時もあれば、
進んでいる時もある。



My heartsも時計、秒針又は振り子の事を
現していると思われるので
私の秒針はイギリスとフランスにとって真実を示している。



調べた結果、イギリスとフランスは1時間の時差があります。
なので、イギリス側とフランス側の立場でこの時計を見た場合、
フランスの冬時間の時とイギリスの夏時間の時は
この時計は真実を伝えていると言いたいのだと思います。
イギリスとフランスは共にあると言いたいのかなとも思いました。



なのでイギリスの冬時間の時は
絶対にこの時計を見ないで下さい!
時間が間違っています。



イギリスの時差!日本にはないサマータイムの期間を詳しく説明!



まとめ


リトル•ベン観に行った時は
誰も見向きもしてなかったです。
私だけ写真を撮っていて、
人通りの激しい通りでしたが、
多分、皆さん知らないのかなと思いました。



リトル•ベンは全体的に重々しい黒ですが、
ちっちゃくて、可愛らしい時計塔でした。
EU離脱で話が進んでいますが、
イギリスとフランスの絆の時計塔が戻ったので
友好関係続けて欲しいですね。



新観光名所リトル•ベンを読んで頂きありがとうございました!