ロンドンのメリルボーンハイストリートに隠れ家的フレンチレストラン!

メリルボーンハイストリートにある
おすすめのフレンチレストラン
『Le Vieux Comptoir』を紹介します!
チーズやワインの好きな方に必見の
レストランですよ。


スポンサーリンク

Le Vieux Comptoir/ル•ヴューコントワール



今回紹介するフレンチレストラン、
Le Vieux Comptoir(ル•ヴューコントワール)は
フランス料理なのですが、
チーズを使った料理を出してくれる場所です。
チーズフォンデュやラクレットを
メニューとして出しています。
フランス人のシェフが腕をふるってくれる
そうですよ。



フランスのサヴォワ地方、スイスやドイツでは
冬にチーズを使った伝統料理を作るのが定番。



Le Vieux Comptoir/ル•ヴューコントワール フォンンデュ


フォンンデュとラクレットは冬限定で
出しているそうですが、
お店の方が夏でもチーズフォンデュを求めて
レストランを訪れてくれる人が多いので
これから夏も始めることを考えているそうですよ。
メリルボーンハイストリートから
ちょっと小道に入ると
ル•ヴューコントワールはあります。



Le Vieux Comptoir/ル•ヴューコントワール


実は2年間も使っていなかった
ル•ヴューコントワールの商品券があって
今回はワインとチーズを買いに来ました。



お店に入ったとたんに漂う
チーズの匂い。
どこからしてくるのかと思ったら
地下でした。



1階には厳選されたワインが置いてあり、
すべて買って行くことができます。
レストランは地下へ、
インテリアがすごく素敵。
壁紙から電気、フランスの田舎にきている感じが
しました。
家具もフランスからオーダーしたのか
全て素敵でした。



すっごくインテリアが気に入ったので
写真を沢山撮りました。
インスタグラムに載せています。



サラミが沢山ぶら下がっていて
量り売りをしているようです。
お客様がきたらスライスして売ってくれるようです。



見た事のないフランスのチーズがあり、
何個かを買って行きました。
地下にもワイン置いてあります。



Le Vieux Comptoir/ル•ヴューコントワール


私はワインの知識は薄いのですが、
マネージャーさん(もちろんフランス人の方)が
丁寧に教えてくれますよ。
ソムリエの方なのかワインに
ついてはすっごく詳しかったです。
スポンサーリンク

そして、温かい笑顔が素敵なムッシューでした。
働いている方全てが皆さん優しくて、
笑顔で話しかけてくれたり、
対応してくれたりと
サービスがとってもいいです。



レストランはまるで誰かのキッチンや
ダイニングにいるような雰囲気です。



レストランも今度は絶対行きたいと思いました。
美味しくて、サービスも最高と噂は聞いていたので
次回はレストランで食べてみたいです。



調べてみるとコーヒーや紅茶にもこだわっていました。
コーヒーは有名なパリジャンのローストコーヒーを使い、
紅茶は日本にも支店があるベッジュマン&バートン社の
紅茶をつかっています。
こだわってますね。



イギリスは紅茶で有名ですが、
フランスの有名な紅茶店も美味しいです。
物によってはフランスの紅茶の方が
美味しいと感じることがあります。


Le Vieux Comptoir/ル•ヴューコントワール
住所:Ashland House, 20 Moxon St, Marylebone, London W1U 4EU
電話番号:020 7224 0303
公式サイト:ル•ヴューコントワール


《マリルボーン周辺の情報記事》

ロンドンのマリルボーンおすすめカフェ!ケーキが意外と美味しかった《Sourced Market》

無料美術館!?ロンドン ベイカーストリートの観光に!ホテル5選


まとめ



マリルボーンハイストリートの近くに
フランス料理の隠れ家を
見つけたような感じでうれしかったです。



私自身フランス料理は好きで
チーズも毎日でなかったら
食べられます。
残念なのはお酒が飲めないので
ワインはいつも1〜3口ぐらいで
降参してしまいます。



ランチやディナーもしていますので
チーズやワインが好きなお方には
是非いって欲しい場所です。



最後まで読んで頂きありがとうございました!