世界幸福度ランキング2017年イギリスは19位

国連が行なっている世界155カ国を対象にした
幸福度ランキングが発表されました。
イギリスは19位です。



スポンサーリンク

2017年幸福度ランキングトップ10


2017年世界幸福度ランキング
1.ノルウェー
2.デンマーク
3.アイスランド
4.スイス
5.フィンランド
6.オランダ
7.カナダ
8.ニュージーランド
9.オーストラリア
10.スウェーデン








19.イギリス

幸福度指標(英語)

堂々の1位はノルウェーでした。
2016年ノルウェーは第4位に
位置づけていましたが、
今年は1番になりました。
さて、イギリスですが昨年の23位から
19位になり順位を上げて来ましてね。



ブレグジットがあったにも関わらず
去年よりも幸福に感じている人が
増えましたね。



イギリス側からすると
EU離脱したい人が多かった
分けですから、
ブレグジットはイギリスに取って
プラスの効果をがあったのでしょうね。



日本は51位 2016年52位で、
そんなに変わっていません。
幸福度指数ってどのように計られるのかと言うと、



•収入
•社会的支援
•平均寿命
•人生選択の自由度
•性の平等性
•社会の腐敗度


などが基礎となって計られている数値です。



スカンジナビアは強いですね、
そして同じみのスイスやオーストラリアや
カナダが入っていますね。
オランダは世界一子供の幸福度が高い国としても
有名です。
スポンサーリンク

国民生活の質イギリスは下の方


2017年世界幸福度ランキング
その他にuswitchが行なっている
国民生活の質はヨーロッパの中では
イギリスは最下位になっています。



•労働時間
•有給休暇
•物価
•ガソリン代
•日照時間
•退職年齢

を対象にして計った数値。



これは理解できます。
物価がとても高いと思わされますし、
天気もいいとは言えません。



ロンドンでは特にですが、
労働時間を長くしようと思えば
必然的に長くなってしまうのです。
冬の日照時間は短く、
暗い感じです•••



1位はフランスになります。
でも、誰を対象にして
このような調査を行なっているのか
定かではないので信憑性に欠けますけど。



幸せって


2017年世界幸福度ランキング
どこへ住んでいてもそうですが、
幸せは自分で感じるものです。
だれかが、運んで来てくれるものでは
ありませんし、
人を頼りにしても幸せになるとも思えません。
どれだけ自分が自分を幸せにできるか
で幸せ指数って高くなると思うのですよね。



物質やお金が多い方が幸せに感じる人もいますし、
精神的な富で幸せを感じる人もいます。
本当に人それぞれ幸せの価値観て
違うと思います。



まとめ


世界幸せ度ランキングトップ10に
入っている国の教育方法や政治など
知ってみたいですね。
どんあ生活を送っているのかも
興味があります。



ひかりは日々の忙しさに翻弄されて
自分を幸せにすることを忘れがちです。
気を付けないと!



最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!