イギリスの時差!日本にはないサマータイムの期間を詳しく説明!

イギリスの時差って日本と
どのぐらいの差があるのかな~って
思ったことありませんか?
難しい計算は抜きにして、
イギリスと日本の時差を
ぱ~っと計算できたらなって思いますよね。




実は計算自体はそれほど難しくありません。
イギリスにはサマータイムと冬時間があります。
どうして、時間が変更するのか
いつ変更になるのか、
詳しく説明していきたいと思います!




スポンサーリンク

イギリスの時差は夏時間と冬時間で変化


イギリス時差

日本にはない夏時間と冬時間ですかですが、
イギリスでは夏には時間を1時間早め、
冬には時間を1時間戻します。
これによって、時差の計算の方法も変わってきますので
注意して下さいね。
後半に、いつサマータイムになるのか説明しているので
読んでみて下さい!



イギリスと日本の時差•サマータイム


−8時間

サマータイムのときに
日本に住んでいる方が、
イギリスにいる方と電話したい!
そんなときは日本の現在の時間から−8時間で計算します。




イギリスと日本の時差•冬時間


−9時間

冬時間のときに
日本に住んでいる方が、
イギリスにいる方とスカイプしたい!
そんなときは日本の現在の時間からー9時間で計算します。




ロンドンと東京の日付と時間




私のブログにもイギリスの首都であるロンドンと
日本の首都である東京の
日付と時間を入れておきました。



プロフィールの下にロンドンの天気予報があって、
その下に表示されていると思います。



GMT Greenwich Mean Timeの略です。
グリニッジ基準時又はイギリスの基準時のことです。
JST Japan Standard Time
日本基準時です。




サマータイムの期間


イギリスの夏、日照時間はとっても長いです。
特に6月~8月にかけては
太陽が出ている時間が長くなります。




この時期、イギリスではこれぞとばかり
外へ出て太陽を楽しみます。
一番困るのが子供の寝かしつけです。
「ママ~、夜じゃないのになんで寝るの?」
外は明るいので
午後8時や8時半になっても寝てくれない。。。
スポンサーリンク

サマータイム変更日


3月一番最後の週末、
午前2時に1時間早まります。

私は3月一番最後土曜の週末
夜、寝る前に、
家にある時計を全部1時間早めてから寝るようにしています。




携帯はサマータイムが自動的に
変わるようになっているので
問題ありません。
が、腕時計は1時間早めて寝る事をオススメします。




サマータイム変更するときは
誰も教えてくれません。。。
自分で管理して時間を早めます。
1時間損しちゃったね~って感じです。




3月の終わり頃に観光やビジネスにこられる方は
注意して下さいね!
念のため、もう1回



3月最後の週末
日曜日午前2時に1時間早くなります!





サマータイムから冬時間


10月一番最後の週末、
午前2時に1時間遅くします。




1時間を戻すといったほうがいいかもしれません。
こちらも誰も教えてくれません。。。
この日は1時間余分に寝られて嬉しいなって
得した気分になります。
10月の終わり頃に観光やビジネスにこられる方は
注意して下さいね!
念のため、もう1回



10月最後の週末
日曜日午前2時に1時間戻します!




イギリスの一番日照時間が長い日•短い日


6月20日、21日と22日です。
(年によって違います)
だいたい、午前4時半頃から太陽が昇り
午後9時20頃に日が沈みます。


その反対に日照時間が一番短い日は
12月21日です。
朝、午前8時頃に日が登り
夜が来るのが午後4時ごろ。



まとめ


イギリスと日本の時差は
サマータイムと冬時間では
1時間変わってきます。


サマータイムは−8時間、
冬時間は−9時間になります。
(日本から計算するとき)


サマータイムに変更する日は決まっていて
3月の最後の週末に1時間早めます。
その反対に冬時間になるときは1時間戻します。



サマータイムの期間は
3月の最後の週末〜10月の最後の週末までです。


イギリスに住み始めた頃は
よくサマータイムを忘れていたものです。
なんせ、日本にありませんから。



観光やビジネスでイギリスに来られる方
ちょっとどこかにメモしてみて下さい!



イギリスの時差について最後まで読んで頂き
ありがとうございました!

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!