なぜイースター•エッグとバニー?タマゴとウサギの意味は?

イギリスでもイースターやレントの時期に
よく見られるイースター•エッグとバニー。
クリスマスの風物詩が
サンタクロースやクリスマスツリーであれば、
イースターには欠かせない
タマゴとウサギには
どんな意味や関係があるのでしょうか?
調べてみました!



スポンサーリンク

イースター•バニー



イースター•バニー、ウサギ


イースター•バニーの元はドイツのルーテル教徒が行なった
演劇だったようです。
イースター•復活祭の頃に行なわれた劇で、
野ウサギは裁判官の役。
その野ウサギが子供達が
良い子か悪い子が判断していたんですね。



イースター•バニーは
服を着て登場する場合が多いですが、
これは野ウサギが裁判官だったからの様です。



そして、野ウサギは色のついたタマゴやアメ、
おもちゃをバスケットに入れたて
家まで届けてきたり、
野ウサギがタマゴを隠すと伝えられています。



だから、子供達は隠されたタマゴを探し出す
イースター•エッグハント、
タマゴ探しが行なわれるのです。

この様にして、ウサギとタマゴは外せないイースターの
風物詩になったようです。



そして、こんな言い伝えがあります。
古代からウサギと春と関係していました。
春は草木が芽吹き、花が咲き始め
眠っていた生命が動き出す時です。
ウサギは多産なので
生命が復活し、反映し、
再生するシンボル
なんですね。



イースター•エッグ



イースター•エッグ、タマゴ


タマゴはキリスト教ができる前からある
ユダヤ教でも意味のある存在のようです。
ユダヤ教では塩水でゆでて
味を付け足したゆでタマゴが
エルサレムでの新しい命と信仰の象徴として
いまでも存在しています。



イースター•エッグがどうしてできたのかは
迷信がたくさんありすぎて特定できませんが、
こんなお話があります。
レント•四旬節の期間はタマゴを
食べる事が禁じられていました。
なので、この時期は断食と言われて
お肉、卵、乳製品などは食べられないのです。
スポンサーリンク

そのためレント•四旬節の終わりをお祝いする為に
イースター•エッグができたと言う伝えがあります。
そう言えば、レント•四旬節の前には
パンケーキデーが存在し、卵、乳製品を
使い切る日が存在します。



もう少し詳しく知りたい方は
こちらをご覧下さい!
パンケーキデー2017年は?由来やイギリス伝統レシピご紹介!



イースターにはタマゴを色豊かに塗ったり、
様々な装飾をして飾ったりします。
キリストが天に上げられたあと、
マリア•マグダレナが
ローマ皇帝の所に赤いタマゴを贈ったことから始まり
キリスト教を説教し始めたと言います。
タマゴは復活する命のシンボルであり、
イースターには欠かせないものになっています。



イギリスの伝統ゲーム


イースター•エッグチョコレート
イギリスではイースターの時期に
行なわれているタマゴを使ったゲームが
あります。

タマゴの戦い

イギリスではエッグ•タッピングという
伝統的なイースターのゲームがあります。



エッグ•ファイト、エッグ•ノッキング、
エッグ•ボクシング、エッグ•ピッキング、
エッグ•ジャーピングなど様々な名前が
ありますが名前は違えど全部同じゲームです。



2人で対戦するゲームですが、
必要なものは固ゆでタマゴです。
ルールは自分のタマゴの殻を割らずに
相手のタマゴの殻を最初に割ったほうが勝利!



タマゴ探し


エッグ•ハントは
雨が降らない限り外にタマゴ(チョコレート)を隠して
子供達に探させるなどのゲームもあります。



イギリスではバレンタインデーが終った後頃から
イースターのチョコレート売り出されます。
特に大きな中が空洞になったチョコレートの中に
数個のチョコが入ってるのは大人気です。







《イースター関連記事》
イースター•復活祭とは?イギリスの休暇や料理は何するの?



まとめ


イースター•エッグとバニーの意味が
分かりましたでしょうか?



ひかりも今さらですが、
なぜタマゴがあちらこちらに飾られていて、
売られているのか分かりました!
ウサギの事は全然知らなかったので
とても謎が解けて良かったです。



最後まで読んで頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!