ディズニークルーズライン•ドリーム号の贅沢スパ体験!

ディズニークルーズラインのスパ2日目に
体験したスパのこと書きたいと思います!



スポンサーリンク

スパ


ディズニークルーズ•マジック号 スパ
船内にはセンス•スパ&サロンといって
フェイシャルやマッサージを受けられる場所が
あるんです。
船の中なのにホテルのスパを思わせるような
素敵な内装でしたので紹介しますね。



スパに入るとまずロッカールームに
案内されます。
男性と女性ではロッカールームが
別れていました。



ディズニークルーズ センス•スパ&サロン


マッサージを受ける予定だったので
どのぐらい脱いだらいいのか
聞きいてみると
パンツは履いていても
いなくてもどちらでもいいと言われました。



こんな質問しないですかね;
でも、本当に分からなかったので聞いてみました。



私達はカップルが同時にマッサージを
受ける事ができる、
カップルマッサージを受けたんですよ。
だからセラピストランも2人います。



ローブとスリッパが中に置いてあるので
着替えて待ちました。
そうすると、セラピストさんが
迎えにきてくれるんです。



ちょっと時間があったので
サウナとシャワールームが
となりの同じ場所にあったので見学しました。



サウナがあるとは知らずに、
もう少し早く来て、
大好きなサウナに入れば
良かったと思いました。



なぜなら、マッサージの後は
行かなければ行けない場所が
あり時間がなかったからです。



ひかり
サウナがあるからサッマージの前か後に時間を取っておくべし!




サウナはなるべく長く入りたい人です。
ちょっと試しに入ってみると
中は結構暑かったです。



ディズニークルーズ センス•スパ&サロン


ディズニークルーズのスパでは
イギリスブランドの
エルメスを使っていました。
エルメスは大手の基礎化粧品や
ボディー商品を扱っている有名な会社です。



少し待つと日本人のセラピストさんが
迎えに来てくれたんです。
日本語で自分の状態を説明できたので
良かったですし
力の強さ加減とか、
特に力を入れてもらいたい体の場所とか
キチンと説明できていいですよね。
スポンサーリンク

旦那は東ヨーロッパの方で
シミ1つない肌で、
とても素敵な人でした。
あまりにも、肌が綺麗だったので
言ってしまったほどです。



マッサージをしてくれた方と
クルーズの話をしたり、
どこで資格を取ったのか聞いたり、
前半のマッサージはたくさん彼女と
お話しました。
後半は半分眠り、半分起きている状態だったので
あまり覚えていません。



1時間のマッサージはあっと言う間に
終ってしまいましたが、
久しぶりのマッサージですっかり
体も心もリラックスできました。



体がリラックスするって
マインドもふわ〜っとなる状態の事を
言うのだなと感じました。



なぜなら、頭が忙しい状態だと
どんなにマッサージを受けても
体が緊張してリラックスできないんですね。



ディズニークルーズ センス•スパ&サロン


日頃の忙しさを忘れて、
体はセラピストさんに預けて
マインドをクリアーにするって
いいですよね。



なかなかマッサージは受けられないので
思いきってダラダラしてみました。
とにかく、マッサージを
楽しみましたよ〜。



お会計は部屋付けにしました。
チップは既に18%入っていたので
足したりはしませんでしたが、
後で思った事は
現金でチップを持って行けばよかったと
ちょっと後悔。



その後悔の理由はこちらです。
アメリカ人が教えてくれたチップの渡し方や払い方-クレジットカード•現金-



お部屋のお風呂場やシャワーは
狭かったので
スパの広いシャワー室を使わせてもらい
すっかり老廃物を流したという感じ。



なんて贅沢な日なんだろうと
思いながらスパを後にしました。



そして、2日後に部屋に手紙が
置いてあったんです。
何だろうと思って開けてみると、
なんと2人のマッサージをしてくれた方が
『スパに来てくれてありがとう、
残りのクルーズを楽しんで下さい』と
言う内容なカードまでくれたんです!
しかも、手書きでたくさん書いてありました。
やっぱりマジカルだな〜。



ディズニー•クルーズのお問い合わせご予約は
日本人係員乗船サポートのある
(株)オーバーシーズ•トラベルへ!

♡ディズニーのキャラクターたちと一緒に夢と魔法のクルーズへ!♡








まとめ


気分はハネムーンでしたね。
マッサージも久しぶり、
しかも旦那と一緒にできて。
何年ぶりに受けたマッサージは
本当に良かったです。



最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!