覚えておくと便利!レストランやパブでよく使うイギリス英語

アメリカ英語と全く違った発音と単語を
使うブリティッシュイングリッシュ!
イギリスに観光や旅行に行ったら
レストランやパブでイギリス英語を
話してみたいと言う方必見です。
ひかりがよ〜く目にしたり
よ〜く聞くイギリス英語を
書いてみたいと思います!



スポンサーリンク

トイレ


イギリス英語 トイレの言い方
トイレ1つでこんなに沢山の英語が
あります。

Loo(ルー)/restroom(レストルーム)
/ toilet(トイレット)/ bathroom(バスルーム)

さて、イギリスでよく聞くのが
最初の3つ。
Loo(ルー)という言い方は口語でよく使います。
これまた、初めてロンドンに言った時に
知った単語です。



ひかりはアメリカ英語しか知らなかった時
Where is the bathroom?と聞くと
ルー、ルー、言ってる。
シチューのルーか?
もう、本当に分からない。
外国人が話すイギリス英語なんてもっと
分からない…



Loo(ルー)がトイレだと知ったのは
友人が説明してくれたから。
Loo(ルー)はくだけた感じの
トイレの言い方なのでカフェ、パブ、
親しい人の家などでは
使えると思います。




ただ、外国人が多いロンドンでは
Loo(ルー)をしらない人もいます。



なんでトイレがルー


なぜルーと呼ぶようになったのか。
中世時代フランス人は窓から道に
トイレの水投げ捨てていました。



その時に窓から
regardez l’eau (ギャードルー)
水には気を付けて!みたいな意味合いで
トイレの水を捨てていたそうです。
その時のl’eauが looになったようです。
フランスから入って来た英語なんですね。



Loo(ルー)はカジュアルなイギリス英語です。
高級ホテルやレストランで
トイレの場所を聞く時は

Where is the restroom?
ホエアー イズ ザ レストルーム

っと使うといいと思います。



レストランのメニュー


なす、ズッキーニ、トマトのイギリス英語
英国に住んでいると
フランス語かなって思う単語が
たくさん登場します。
たとえば、メニューに
Courgette(コージェット)
記されていた場合は
ズッキーニです。
アメリカではZucchini(ズッキーニ)ですが、
英国ではCourgette(コージェット)なんです。



そして、なすも
英国ではAubergine(オーベルジン)
書かれています。
アメリカではEggplant(エッグプラント)です。



チップスの意味 イギリス英語


イギリスではよく見るChipsですが、
これはフレンチフライの事。
ひかりはチップスをポテトチップスと
思っていましたが、
イギリスではフレンチフライの事を指します。
イギリスの有名な料理の
Fish and Chipsはその名の通り
魚とフレンチフライの料理です。
スポンサーリンク

ちなみに、ポテトチップスをイギリス英語で
Crisps (クリスプス)と言います。
気を付けて下さいね。


トマト


トマトの発音がアメリカ英語とイギリス英語と
ちがいます。
アメリカ英語ではトメートですが、
イギリス英語はトマートです。
発音が違うモノはイッパイ存在しますので
とりあえず今回はトマトだけ。



会計の時


イギリスでお会計お願いします〜!を何と言うか。

Can I have a bill, please?
キャン アイ ハブ ア ビル プリーズ?

アメリカだと
Can I have a check, please?
キャン アイ ハブ ア チェック プリーズ?
そうするとウェイターさんが
お会計を持って来てくれるので
食べたテーブルの上で
お会計をします。



バプ


パイントグラズ イギリス英語
イギリスの独特の社交場であるパブです。
イギリスのパブでビールを出す時
パイントグラスで出されます。
どのぐらいの大きさかと言いますと、
中ジョッキよりちょっと多めに入る
大きさでしょうかね。



カウンターで頼んで買います。
あまり飲めない人にはパイントの半分の
ハーフパイントで頼むといいでしょう。

Can I have a Pint of 銘柄,please?
キャナイ ハブ ア パイント オブ 銘柄,プリーズ

Can I have a half pint of 銘柄,please?
キャナイ ハブ ア ハーブパイント オブ 銘柄,プリーズ

軽いお礼


乾杯の時にCheers(チアーズ)と使いますが
それとは違った意味で使うCheers(チアーズ)を
イギリスでは頻繁に聞きます。



パブなどカジュアルな場所で
使っている感じですが、
ありがとう!Thanks!の意味合いで
Cheers!(チアーズ)を使います。



チアーズと言われたら、
チアーズと言い返してみて下さいね!






まとめ


イギリス英語は実際に現地で
聞くのが一番勉強になります。
ひかりは日本でアメリカ英語を
習っていたにも関わらず、
ロンドンに来たての頃は
英語が分からなくてだいぶ不自由しました。



特にロンドンは人種のるつぼなので
アクセントが個々で違ったりするものです。
何度も間違えながら覚えたイギリス英語。



失敗したって全然大丈夫!
それがイギリス英語が話せる日に
繋がっていくとおもいます。



最後まで読んで頂きありがとうございました!