ロンドンの美味しいレストラン中華8大料理の1つ『BASHAN』

ロンドンには数多くの中華料理のレストランがあります。
ロンドンの中心にはチャイナタウンがあって
その中にも数多くの中華系レストランがあります。
でも、多すぎてどこが美味しいのか分からないですよね。
今回紹介するレストランは中華8大料理の1つである
湖南料理で有名な『BASHAN』です!


スポンサーリンク

『BASHAN』バシャン

ロンドン•チャイナタウン
バシャンはチャイナタウンの近くですが、
チャイナタウン内ではありません。
外観はこのような感じです。

レストラン•バシャン
中に入るとなんやら忙しいそうです。
活気があり、レストランの中は人でイッパイでした。
そんなに広くないのですが、
まるで中国の街の中にいるような雰囲気です。
人気のレストランなので
予約を取ってもらいました。

湖南料理の特徴



湖南料理と言われても
どんな料理だか分からないので
ちょっと説明しますね。

辛味と酸味が強いのが特徴です。
四川料理よりも辛いそうで、
中華料理では一番辛いらしいです。

味付けは油をたくさん使い、唐辛子、醤油、
酸味がきいた料理が多いです。
濃いめの味付けなのでご飯に合いますよ。

ちなみに、毛沢東は湖南出身で湖南料理が大好きだったそうです。
おふくろの味なんでしょうね。

今回は5人の女子会で使わせて頂きました。
実は私自身、湖南料理を食べるのは初めてで、
辛いのは好きだけど、激辛は苦手です。

メニューに載っていた写真と説明を見ながら
皆で注文しました。
写真付きのメニューは本当に助かります。
わざわざウェイター/ウェイトレスさんに
確認しながら注文するのは時間がかかりますよね。

写真を見ると大きな赤と緑のチリがゴソッと乗っているので
辛そうに見えます。
そして、メニューにはチリのマークがなし、
1つ〜2つと辛さのレベルを現してくれていています。
2つが辛めのメニューです。

前菜から

バシャン•前菜 Sweet and sour spare ribs £7.90
Village ppork rolls woht silvered vegetables £7.90
Preserved duck eggs with chopped salted chillies £.7.90
Blanched spinach in seame sauce £8.90
Potato silvers £6.90

スポンサーリンク

メイン

バシャン•メインSteamed fish with pickled green chillies £18.90
Tofu skin with pork and chilli £13.90
Dry braised king prawns £18.90
Tender chicken cubes wiht pickled green chillies £12.20
waterside stir fried with cashew nuts £12.90
Bean thread noodles with slivered cabbage £10.90



店長さんらしき人がでてきて
日本語でお話してくれました!
日本が大好きで吉祥寺に住んでいたそうです。

感想

皆でワイワイ、ガヤガヤとお話しながら
色々な種類のお皿を食べる事ができて良かったです。

一皿同じ味を食べるより、このように
味の違うお皿を分け合うとイッパイ食べられました。

今回、私が一番好きだったメニューは春雨とお豆、キャベツの炒め物です。
Bean thread noodles with slivered cabbage £10.90
これは美味しかったです。

メニューによっては味が辛すぎ、スパイスも面白い味で
舌が麻痺してしまうそうになりました。
食べ慣れていない味でした。

まとめ

辛いのが好きな人はこちらのお店おすすめします!
何を頼んでいいのか分からない時は
お店の人におすすめを聞いたり、
自分の好みを言ったりするといいと思います。

『Bashan』バシャン

住所:24 Romilly St, Soho, London W1D 5AH
最寄り駅:Leicester square駅, Piccadilly circus駅,Tottenham court road駅
電話:020-7287-3266
Website: 『Bashan』バシャン公式ウェブサイト
営業時間:日〜木 12:00〜11:00pm 金〜土 12:00〜11:30pm



『Bashan』バシャンを読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

自由にシェアしてね!

気軽にフォローしてね!